Nekomo.log

思想家卒業、趣味人ブログへ変態だッ!

本当に、本当によくある話

ん?なんかこの話、どっかで読んだことあるな。どこぞやの読み切りを再収録してるのかな?

と思って本棚を見てみたら…
まぁ案の定ですよ。

f:id:Nekomo:20151105013418j:image

くっ……悔しいッ…!!



「いや、田中ロミオ先生に貢いでると思えば…」


って言う意見もあるでしょうけれども。

私は素直にイヤです。


なんというか…対処に困る。

売るのもね。何となくはばかられるし。
本棚に置かずにどこかに閉まっとくっていうのもなんだかねぇ…
うん。失礼では?(二冊買ってる張本人のお前が言うな)


まぁこのままなんだろうけど…うーん。
やっぱ…当たり前だけど…
本の管理はしっかりしとかないとね…
(´・ω・`)

生き方変えますた

こうね。
迷ってても仕方ないんで!

これからは趣味に走る。
そして趣味を大成させる…!
これを目標に日々を生き抜く!!!

的なノリで生きていきたいとおもた。
のでサクッとノリを変えてみました。

今まで気張ってがんばってきたけど…
明日からは、がんばらないぞ!!

神について(タイトルが危なっかしすぎる)

神(あるいは超越的な力や概念と言い換えても良いかと)の存在を私は信じている。(キリッ

……というか、もし神がいるとしたら、この宇宙に、偶然にもギリギリ水の存在できる理想的な惑星、すなわち地球があって、

かつ地球で生き物が生まれ人類が発展したことにもあっさりと説明がつきますからね。

それだけで哲学者の探求は終わりを迎えます。
イデアは神。
キリストもヤハウェもブッダも、八百万の神ですら、すべてそこに収束して、何も考える必要はなくなる。


いや、語弊がありますよね。
正確には哲学は終わりません。

神がいたとして、その上で人類はどう生きるべきか。
本当に神はイデアなのか?
神に従うことが正しいか、あるいは。


考えることはたくさんあります。
しかし、真理に対してある種方向性は定まるでしょう。

過去の哲学は、神という不変の真理を得た未来人にはーー

ーー自然哲学者が、科学の発展した現代からすれば、あたかも詭弁論者のように見えてしまうようにーー

ーーバカバカしい考えに見えてしまうようになることは違いありません。

つまり終わるわけです。
過去の「哲学」は。

いわゆる「古典」「現代文」みたく、なるんではないでしょうか?


まぁ、仮想の話ですから。
小説のような、哲学とは程遠い実用性皆無な話ですけれども。

リスニング

最近何気なくTEDやBBCLearningEnglish等々のポッドキャストを聞き始めてみたんです。

内容、全然わかんないんですけどね。
たまに知ってる単語が来て、「おお」ってなる。


でも、聞き始めて、数日もすると、英語がなんかいつもより聞き取りやすくなってて!
一日数分BGM代わりにしてただけなのに!すごい!

というアハ体験報告でした。

立ち飲み屋ってあるけど

立ちジュース屋作ったらきっとウケると思うんですよ。ティーンエイジャーに。

コーラ一本170円位で売ればそこそこの儲けになるハズ!


もしくはドリンクバーにしてもいいかな!
そしたらビジネスマンや創作家達もよろこぶ!

私が巨大企業のCEOになったら絶対作りますね。そういうスペース。主に自分用に


スーパームーン・アフターデイ

中秋の名月はおろかスーパームーンも見逃した、秋を愛する日本人の風上にもおけないワタクシです。

たまたま窓の外を見上げたら月が光り輝いてまして!うわぁ輝いてるな…と!今更ですけど!

いいですねぇ。
次は綺麗だし木々は色鮮やかに紅葉するし
食べ物はうまいし空気は綺麗
そして漂うメランコリー!

秋はベストシーズンです
春見たくワイワイガヤガヤしてない、そんなクールさが好きです。

機転変化

日々を生きるにおいて、ある程度の変化を自分で起こすことは必須です。じゃないと日常に飽きちゃいますからね。

小坊の頃は北の方から核ミサイル降ってこんかな?
とか過激なこと考えてましたが、今はそんなことはなく。

例えば今日はいわゆる「萌え系」のアニメをB・G・Mに、ブラックコーヒー啜りつつ、その上からNONA REEVESを流す、というかなりウルサイことになっておりまして……(´・ω・`)なんでこうなった

NONA REEVESは誠に不純ながら例のアレから入ったんですけど、聴いてみたら名曲揃いで!
私は透明ガールが好きです。イントロのNONA REEVESっぽい音とPVのシュールな感じが特に。

さぁ休憩はここまで!インピーダンスと戦うぞ私は!
電気工学の壁に穴を開けてやるのだ!